運営:有限会社カブ 〒171-0031東京都豊島区目白3-2-9-5F   
村松恒平
村松恒平

image02 村松恒平 1954年東京生まれ。

20代より『月刊宝島』編集部を皮切りに、編集・ライターなど出版関係の仕事に足跡を残すが、3.11原発事故以降のマスコミ・言論などに反応に幻滅し新たな道を模索。

「人類が滅び、再生するときの設計図を書こう!」と思い立つ。

2011年10月、シンクロームを開発する。続いて『内臓ダンス』を作り、[大人の成長塾]を開塾する。これらのアウトラインを結んだ延長線上に設計図がある。

*

身体については、19歳のときから野口整体を知り深い関心を持つ。以降数々の技法を体験、学習し、また取材する。シンクロームは、このような経験のエッセンスから生まれたが、既存のものとは次元の違う機能を持っている。

*

陶芸・絵画・演劇・能と趣味の領域も幅広く活動中。

*

著書には、

文章の書き方バイブル
『編集者による文章〈秘伝〉スクール』3部作。

神を信じ、宗教を解毒する本格的でありながらユーモラスな著書
『ほとんどすべての人のための神様学入門』

短く美しい小説アートブック
『達磨』

3.11後の言論状況に関して抗議を申し立てた
『不安であることの正しさについて』

橘川幸夫氏との白熱の対論
『微力の力』

食欲をテーマにした世界初の詩集
『食欲詩集』

などがある。一覧はこちらに。

村松恒平書店
http://www.hiden.jp/books_2/